読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康が当たり前の世界に

ノマドセラピストのブログ

【インナーウォーキング】”付け根を動かす意識で歩くだけ”で腰痛・冷え性・むくみが解消する理由

不調を解消する具体的な方法

f:id:sousuke1202:20170316174649j:plain

あなたは日々どのくらいの距離・時間を歩くだろうか?
あなたは歩くと疲れるか?それとも調子が良くなるか?

歩くことで腰痛が増す人もいれば、腰痛がラクになる人もいる。
健康のためにウォーキングをしていても、歩くことで余計疲れる人もいれば、リフレッシュする人もいる。

この違いはなんだろうか?

「歩く」ということは、意識次第で不調になることもあれば、心と体を調えることもできる。

今回は”心と体を調える歩き方”=「インナーウォーキング」の方法をお伝えする。

多かれ少なかれ、誰でも1日5分や10分は歩くと思う。
そのちょっとした時間で、腰痛が改善したり、むくみや冷え性が解消したら嬉しいと思う。

インナーウォーキングはちょっとした意識でできるので、今日この記事を読んだあとに歩く機会があれば、ぜひ試してみてほしい。

続きを読む

【余裕を手に入れるために】インナーチューニングをするときに意識したい3つのこと

不調を解消する具体的な方法

f:id:sousuke1202:20170313220709j:plain

あらゆる不調は心と体の問題によって引き起こされる。

体の問題とは”アウターマッスル優位”と”インナーコアの弱化”だ。

長時間の同じ姿勢や疲れやすい姿勢、疲れやすい体の使い方によって、”アウターマッスル=外側の筋肉”や一部の筋肉に負担がかかる。
肩の負担が大きければ肩こりになるし、腰に負担がかかれば腰痛になる。

だから”インナーコア=内側・体幹の筋肉”を動かし、アウターマッスル優位からインナーマッスル優位へとシフトすることができれば、肩や腰の負担が減り、不調が解消される。

心の問題とは”アウターマインド優位”だ。

現代人はストレス・緊張・考えすぎ・電子機器の使いすぎ=”アウターマインド”でいる時間が長い。
意識がアウターマインドに偏ると、呼吸は浅くなり、アウターマッスルが緊張し、血流が悪くなり、冷え性や頭痛を引き起こす。

だから深呼吸や意識によって、アウターマインド優位からインナーマインド優位へとシフトすることによって、過度のストレスや緊張から解放されて、不調が解消される。

関連記事

ここまでの話を整理すると、「アウターマッスル・アウターマインド優位からインナーコア・インナーマインド優位へとシフトすることができれば、あなたの不調は解消する」ということだ。

そして”意識と筋肉をインナーへとシフトする方法”を「インナーチューニング」という。

今回は「インナーチューニングを行う上で意識したい3つのポイント」を説明していく。

①深呼吸
②インナーマインドに入る
③インナーコアを意識する

一つずつ簡単に説明していく。

続きを読む

【余裕のある自分へ】ストレスに強く、しなやかで優しい心=”インナーマインド”に入るための2つの方法

不調を解消する具体的な方法

f:id:sousuke1202:20170313170540j:plain

肩こり、腰痛、冷え性、むくみ、生理痛、頭痛、慢性疲労

これら”不調”の原因は大きく分けて2つある。

「体の問題」「心の問題」だ。

「体の問題」とは筋肉の硬縮・弱化や骨格の歪み、内臓疲労など。
「心の問題」とは過度のストレスや長時間の緊張状態、頭の使いすぎなど。

体の問題は、”アウターマッスル=外側・表層の筋肉”を緩め、”インナーコア=体幹・深層の筋肉”を動かし、鍛えれば解消する。

では「心の問題」を解消するには何をすればいいのだろう?

体の問題を解消するために”インナーコアを鍛える”ように、心の問題を解消するためには”インナーマインドを深める”ことだ。

インナーコアを鍛えることで外側の筋肉が緩み、肩こりや腰痛が解消するように、インナーマインドを深めることができれば、ストレスを感じにくい”強くしなやかな心”へと鍛えることができる。

体の不調は、あなたが思っている以上に”ストレス”が強く影響している。
ストレスによって筋肉は緊張し、呼吸は浅くなり、血流は悪くなり、あちこちに不調をきたす。

逆にインナーマインドを深めることができれば、心と体の余計な力は抜け、呼吸は深くなり、筋肉や内臓の疲れを癒すための栄養や酸素が血流を巡り、あなたの不調は解消される。

今回は「インナーマインドってなに?」というお話。

インナーコアを鍛えることとは違い、インナーマインドは意識一つで深めることができる。
めんどくさいことはなにもないので、今回の記事を読みながらぜひインナーマインドを深めてほしい。

続きを読む

【インナーチューニング】”美しい姿勢”や”美しい体の使い方”を手にいれるための3つのステップ

不調を解消する具体的な方法

f:id:sousuke1202:20170313001519j:plain

前回の記事【施術者の方々へ】”不調を解消すること”は”スポーツ選手になること”とほぼ同じでは、

・肩こりや腰痛など”不調”の原因の多くは、「長時間の同じ姿勢」「疲れやすい姿勢」
「疲れやすい体の使い方」にある。
・長時間同じ姿勢でいれば誰でも疲れるが、「美しい姿勢」と「美しい体の使い方」を身につければ、体への負担は減り、不調になりにくくなる。
・「美しい姿勢」や「美しい体の使い方」を身につけるためには、スポーツ選手のように体を鍛えたり、”美しい体の使い方の練習”をする必要がある。

ということをお伝えした。

今回は「美しい姿勢」や「美しい体の使い方」を身につけるための”3つのステップ”をお伝えする。

姿勢や体の使い方は意識だけでは直らない。
スポーツ選手が行うスポーツに適した体づくりをしたり、スポーツで行う動作を反復練習するように、日常生活を楽に過ごせるようになるためには、それ用の体づくりをしたり、練習をしなくてはならない。

こう聞くと「めんどくさ〜い!」と思う方もいるかもしれないが、これらは”セルフケア”とは違う。
その場で体が楽になるだけでなく、そもそも「疲れにくい”姿勢”や”体の使い方”」を手にいれることができる。

つまり「一定期間集中して行い、美しい姿勢や体の使い方を体にインプットすることができれば、あとの人生がとっても楽になる」ということだ。

体を動かさないといけないし、体を鍛える限りはキツイこともあるが、それでも不調を解消し、本質的な健康を手に入れるためには必須だから、ぜひ今回の記事を読んで実践してほしい。

続きを読む

【施術者の方々へ】”不調を解消すること”は”スポーツ選手になること”とほぼ同じ

施術者の方々へ

f:id:sousuke1202:20170312001432j:plain

今回もマッサージ・柔整・鍼灸、整体、カイロ、セラピストなどの”手技療法”によって不調を解消するプロに向けた記事だ。

前回の記事【健康世界へ】”施術者”が”不調に悩む人”のためにできるたった2つのこと では、”手技療法”では本質的な健康は手に入らないといった。
その理由は2つある。

①手技療法では”自分で体を良くしようとする力”を奪ってしまう
②本質的な健康のためには自分で体を動かす必要がある

今回は「②本質的な健康のためには自分で体を動かす必要がある」理由について詳しく説明していく。

「いくら筋肉を緩めても、関節の動きを良くしても、骨格を整えても、その場では体が楽になるけど、またすぐに元に戻ってしまう」
「手技では限界があるのではないか?」
と感じている施術者の方々にオススメの内容だ。

続きを読む

【施術者の方々へ】”施術者”が”不調に悩む人”のためにできるたった2つのこと

施術者の方々へ

f:id:sousuke1202:20170310221051j:plain

今回はマッサージ師、柔道整復師鍼灸師、整体師、カイロプラクター、セラピストなど、”施術者”へ向けた記事だ。

施術者は健康に関する”あること”を勘違いしている人がいる。
またはあえて知らんぷりしているか、気付かないふりをしているのだと思う。

そのあることとは、「”手技療法”では本質的な健康は手に入らない」ということ。

理由は2つある。

①手技療法では”自分で体を良くしようとする力”を奪ってしまう
②本質的な健康のためには自分で体を動かす必要がある

今回は①の理由について詳しく説明していく。

現状の施術者のあり方に疑問を持っている人は必見だ。

続きを読む

【健康世界のために】”不調に悩む人”と”不調を解消するプロ”の考え方が変われば、健康が当たり前になる

カラダを調える考え方 施術者の方々へ

f:id:sousuke1202:20170309203115j:plain

肩こりや腰痛など、何かしらの”不調”に悩む日本人は8割にものぼる。
その反面、整体・治療院やリラクゼーションサロンなどの”不調を解消するためのお店”は全部合わせると15万店以上あると言われ、その数は全国のコンビニの数よりも圧倒的に多い。

この日本の現状に大きな違和感を感じる。

「 ”不健康が当たり前の世界”から”健康が当たり前の世界”に変えるためには一体何をどう変えればいいのだろうか?」

健康が当たり前の世界を創るためには、”不調に悩む人”と”不調を解消するプロ”、この二人の「考え方」を変える必要がある。

一体どういうことか?一人ずつ詳しく説明していこう。

続きを読む